中小企業の近未来予想図

〜人口減・経済縮小時代を生き抜く戦略〜 ★勝機あり★チャンスあり★ 気楽に読めて、中小企業の社長に役立つビジネスブログ。 2015年1月10日から、一日も欠かさず日刊配信。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すための営業、マーケティング、値上げ、求人採用、経営全般など、盛り沢山のコンテンツを提供しています。

公式メールマガジン登録はこちら >>今すぐクリック<<

御社のその専門技術・特殊ノウハウはすぐに陳腐化しますよ

2代目社長再生の専門家

鳥海祐二

 

 

 From 静岡県浜松市

 

 

 

 おはようございます。

 

 

 

 

あなたは商品・サービスの良さや優位性を

売って商売をしていませんか?

 

 

思い出してください。

 

十数年前、中国を始め東南アジア地域が一気に発展しグローバル化が大きく叫ばれた時、日本の製造業が海外進出を前に“ブラックボックス”だけは日本国内に残すという議論があった。

 

結局、ブラックボックス自体も海外へ出さないと日本の優位性を保てないとの思想から、製造業の生命線であるブラックボックスまでもがでていった経緯がある。

 

今となっては、ブラックボックスという言葉すら出なくなってしまい、日本人が絶対的優位な技術と言われていたものも、ありふれた技術となった。

 

これが、世の中の現実です。

 

僕達が勝手に商品・サービスの良さ・優位性だとか言っても、そんなものは所詮陳腐化してしまうものです。

 

それを時代が教えてくれています。

 

 

 

商品やサービス自体に価値なんてない

iPhoneを見ればわかります。発売当初の衝撃はありません。販売数だって思うほど伸びていません。

 

これが現実です。

 

どんなものでもいつか必ず陳腐化してありふれたものになります。

 

これは、物質に限ったことではありません。

 

僕が属する運送業界だってそうですよ❗人がトラックを運転して物を運ぶという人海戦術的側面の強かった業界ですが、この人で不足で近い将来自動運転が導入され、ドローンでの配送も実現します。

 

これが実現しなければ、人手不足を補いきれないということです。

 

昔ながらの運送屋は、自動運転のトラック、配送用のドローンと競争していかなければいけないということになります。

 

今まではトラック運転手の技術・経験・ノウハウに頼っていた部分を技術・機械化によって陳腐化されたものへと変貌を遂げることになります。

 

 

あなたの業界もこれをしっかり受け止めないと生きていけないことになります。

 

 

 

 

f:id:yujitoriumi:20180829092024p:plain

 

 

 

 

◆今日の質問

毎日ちょっと時間をとって

質問について考え・答えるだけで

あなたの思考整理に必ず役に立ちます



↓今日の質問↓

御社には特殊な技術・ノウハウがありますか?

 

 

 

 本日も最後まで御覧いただきありがとうございました。

公式メールマガジン登録はこちら >>今すぐクリック<<