【鳥海式】THE2代目社長の帝王学

古参社員にバカにされ、顧客・銀行に舐められて人間不信に陥ってる場合じゃねぇーだろ?やるって決めた以上、周りのガヤなんて関係ねぇー!突き進むしかねぇーだろうよ!やる気のある奴だけついてきてくれればいい。そのぐらいの気概でちょうどいいんだよ。

公式メールマガジン登録はこちら >>今すぐクリック<<

【ANAマイラーは見るな】せっかく貯めたそのマイルでエアチケットは取れません

ボンクラ2代目社長再生の専門家

鳥海祐二

 

 

From 静岡県浜松市

 

 

おはようございます。

 

 

 

 

久しぶりに趣味のカードマイルについての話だよ

 

でも、ANAマイラーの方は気分を壊す内容になっていますので見ないでください。

 

ANAマイルはメッチャ貯めやすいマイルだと思います。

 

でも、いざマイルを使って飛行機のチケットを取ろうと思っても中々取れませんよね❗

 

僕のようにマイナーな富士山静岡空港をメインで使っているなら、北海道・沖縄のチケットはある程度取れますが、中部国際空港セントレア)からANAのマイルを使ってチケットを取ろうとすると大型連休中なんてほぼ取れません

 

成田・羽田・関空なんてもっと酷いらしいですね。9割以上の確率で週末、連休なんてチケットが取れないそうです。

 

 

それでも、あなたはANAマイルを貯め続けるのですか?

 

 

せっかくためたマイルでエアチケットが手に入らないなら、そんなマイレージは貯めないほうが良いですよ!

 

 

ANAのマイルが使えない理由

メッチャ貯めやすいということと、昨今のクレジットカードマイレージ、ポイントサービスで誰もがANAマイルを貯めているからです。

 

日本中でANAマイルを貯めている人が多すぎるのです。許容範囲を超えてるんですよ。

 

特にお得やお値打ちに目のない主婦やOLさんなんかが、みんなこぞってANAマイルを貯めているからです。

 

僕の自宅の近くのコンビニやスーパーでも、ANAカードを使って支払いをしている人をよく見かけます。

 

とにかく貯めている人が多すぎるから、もうどうにもならない感じですよね。

 

 

 

ではどうすれば良いのか?

あなたがメインで使う空港、サブで使う空港、あなたがよくどこへ行くか?どこへ行きたいか?でどのマイレージサービスを貯めれば良いのか決まってきます。

 

僕の場合でお話をしますね❗

 

メインは富士山静岡空港中部国際空港セントレア)です。よく行くのは、九州、グアムです。

 

富士山静岡空港からはANAFDA大韓航空チャイナエアラインが飛んでいます。

 

九州へ行くことを考えるとFDAを使用することになります。

 

となると、FDAJALと提携しているのでJALマイルを貯める必要があるわけです。

 

グアムとなると富士山静岡空港からも行けなくはないのですが、直行でいくことができません。必ずどこかでトランジットをすることになります。

 

となると、中部国際空港セントレア)を使うことになるんです。

 

中部国際空港セントレア)から、グアムへ行こうとすると今はユナイテッド航空しか飛んでいません。だから自ずとユナイテッド航空マイレージ・プラスを貯める必要が出てきます。

 

このユナイテッド航空マイレージ・プラスですが、ANAと提携しているため富士山静岡空港から出ている沖縄、北海道にもいけちゃうんです。

 

だから僕に必要なマイルサービスは、ユナイテッド航空マイレージ・プラスJALマイルを貯める必要があるわけです。

 

マイルを貯めて旅行に行きたいと思ったら、どこの空港?どこへ行きたいか?でマイルサービスを選ばないといけないわけです。

 

訳も分からずANAマイルを貯めてもあまり意味はないということです。

 

 

 

 

 

f:id:yujitoriumi:20180714145149p:plain

 

 

 

 

 

◆今日の質問

毎日ちょっと時間をとって

質問について考え・答えるだけで

あなたの思考整理に必ず役に立ちます

 

↓今日の質問↓

どこのマイルを貯めていますか?

 

↓質問に答える↓

https://form.os7.biz/f/fed89512/

 

 

 

 

本日も最後までブログを御覧いただき

ありがとうございます。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆2代目社長専用 無料LINE電話相談

毎週1名限定募集中


人間関係・売上低下・社員との確執

先代(親)との確執・人材不足

 

必ず解決の糸口が見つかります。


↓今すぐクリックして無料電話相談に申込む↓

公式メールマガジン登録はこちら >>今すぐクリック<<