中小企業の近未来予想図

〜人口減・経済縮小時代を生き抜く戦略〜 ★勝機あり★チャンスあり★ 気楽に読めて、中小企業の社長に役立つビジネスブログ。 2015年1月10日から、一日も欠かさず日刊配信。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すための営業、マーケティング、値上げ、求人採用、経営全般など、盛り沢山のコンテンツを提供しています。

公式メールマガジン登録はこちら >>今すぐクリック<<

【警告】こんな2代目社長には付いていくな❗

ボンクラ2代目社長再生の専門家

鳥海祐二

 

 

From 静岡県浜松市

 

 

おはようございます。

 

 

 

 

先日クライアントからこんな相談があった。

 

「軽油の高騰、ボーナス、支払いが多くて金が回らない恐れがあります」

 

「留保金もそこを突きつつ不安で仕方がないです」

 

 

 

借金ができるのであれば借金をすればいいが、できないのであれば痛みを伴う経費、ボーナスのカットもやむを得ない。

 

それと同時に、利益(売上)を上げることを同時に行っていかないといけないと答えた。

 

クライアントの頭の中には、利益(売上)を上げるという選択肢を持ち合わせていなかったらしく押し黙ってしまった。

 

 

これを聞いてあなたはどう思いますか?

 

 

 

何も考えてないアホばかり

厳しいだの苦しいだの言いながら何も考えてない奴が多すぎる。

 

資金不足(資金ショート)なんてのは、数ヶ月前、いやいやもっと前から必ずわかっていること。

 

突然税務署に入られて予想外の追徴金を課せられてとか、大きな事故を起こして保険以上の保証金を払わなくてはいけないって言うならともかく、普通に仕事をしていたら突然の出費なんてあり得ない話。

 

最悪の状態を考えて手を売ってこなかったから、こういうことになる。

 

結局は嫌なことを避け、なんとかなるさくらいの気持ちでいるとこう言うことになる。

 

最後は誰も助けてくれないんだよ❗


いつまでも、世の中や他人の責任にしていたってなんの改善策にもならない。

 

 

 

最善と最悪を同時に考える

経営者であれば、最善と最悪を同時に考えなければいけない。

 

なんとかなるか❓❓は、金があるやつが考えること

 

 

金のない奴は、最悪の事態を想定して手を打っていかないといけない。

 

・どこで資金ショートをするのか?

・時間はどのくらいあるのか?

・それまでにできることをピックアップ

・タイムテーブルを作って行動

 

と最悪の状況を考えながら、V字回復のための施策も同時に打たなければいけない。

 

経営者であれば、こういう思考能力を身に着けなければいけないよね!

 

 

 

 

f:id:yujitoriumi:20180705091250j:plain

 

 

 

 

◆今日の質問

毎日ちょっと時間をとって

質問について考え・答えるだけで

あなたの思考整理に必ず役に立ちます

 

↓今日質問↓

あなたの周りでどんな変化が起こってますか?

 

↓質問に答える↓

https://form.os7.biz/f/710b7275/

 

 

 

 

本日も最後までブログを御覧いただき

ありがとうございます。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

タウンワークに1週間掲載して

 9人面接に来て3人採用した方法

 『求人採用革命2.0』セミナー

 

セミナー動画

・使用テキスト

無料プレゼント中!


   ↓↓クリック↓↓

 
















公式メールマガジン登録はこちら >>今すぐクリック<<