魔法のしつもん認定マスター鳥海の「社員が自ら動き出す!社員教育に効く“しつもん”」

教えられたり命令されたりしたことは、すぐに忘れその場しのぎだったり、中々身につくものではありません。“しつもん”されることで【考え】【気づき】【腑に落ち】必ず行動するキッカケとなります。適切なしつもんを社員さんに提供することで必ず社員自ら動き出します。

社長の悠々自適なライフスタイル

ブログ更新のはげみになります!

1日1回のクリックをお願いします

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

にほんブログ村 




顧客も社員も集まる運送経営実践塾

筆頭塾生 鳥海祐二

 

From 浜北オフィス

 

 

 

運送屋経営者のために

 

1,新規顧客獲得戦略“超簡単法”

2,売上アップ戦略“超簡単法”

3,ドライバー集め戦略“超簡単法”

 

実践塾では誰でも超簡単にできる

方法をお伝えしています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

権限の移譲について…

考えてみた。

 

 

権限を移譲すること自体は

然程難しいことではない。

 

 

これは経営者である社長ご自身

決断のみでいける。

 

 

しかし

権限委譲後にご自身がイメージ

しているように機能しているか?

最重要である。

 

 

 

 

私も2年ほど前に

大幅な権限委譲をした。

 

1,既存客との交渉事

2,配車権限

3,給料決定権

4,人事権

 

など…

細かく言えばもっとある。

 

 

これによって

 

なくなったお客様

 

もあることは確かではある。

 

 

 

しかし

各担当者が考えて行動する

ようになった部分もあるが

 

 

今までいやいややらされた感

満載の業務は、逆にやらなく

なったこともある。

 

 

業務を移譲すると

経営者である私は時間ができて

他のことに時間を割けるように

なるが、権限を移譲された者は

 

 

経営者である私の考え以上に

自分の立ち回りで仕事をする

ようになる部分も見受けられる。

 

 

 

 

そのために権限を移譲した後も

経営者である社長ご自身が

フォローをしながら修正をして

行くことが必要になる。

 

 

移譲したからと言って

何もかも全てを任せる事は

悪いことではないが

 

 

社長ご自身の考え方と

違う方向に進むのであれば

修正していくことは

経営者として大事な作業である。

 

 

権限委譲が無事完了すれば

会社としては永遠に残って

いくし、社長ご自身が旅行や

ゴルフに行っていても

問題なく会社が回るようになる。

 

f:id:yujitoriumi:20161010073345j:plain

 

 

うちも中途半端なんで

もうちょっと頑張ります。

 

 

 

 

 

ではまた明日。

 

 

 

ブログ更新のはげみになります!

1日1回のクリックをお願いします

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

にほんブログ村 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆日刊無料メルマガ【トリマガ】

正社員50名以下の中小企業社長お悩み解決メルマガ配信中

このメルマガを読むと社長の『行動指針』『心構え』『将来の道筋』

明確になり成果が必ず出ます

顧客獲得・社員教育に悩む社長のために各専門家が每日配信しています。

今すぐ【トリマガ】登録→ http://mail.os7.biz/m/tjlr


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★エイコー運輸の鳥海が、なぜ?コンサルタントになったのか?

理由はこちらhttps://youtu.be/Y1qWUdWu-Cc

 

コンサルタントとしての私鳥海の理念とミッション

理念ミッションはこちらhttps://youtu.be/Eaf1h43ftWM

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【公式ブログ】 http://toriumiyuji.com/

      ★お気に入り登録お願いします。

 

Youtubehttps://www.youtube.com/user/toriumiyuji

      ★チャンネル登録をお願いします

 

facebookhttp://www.facebook.com/yuji.toriumi

      ★最新情報はFBより発信しています

 

twitterhttps://twitter.com/yuji_toriumi

      ★フォローおねがいします

 

荷主獲得、顧客獲得、適正運賃、人材確保、ドライバー確保、事業継続

借金、資金繰、マーケティング、ますだたくお、神田昌典運送業

経営改善、改革、横山直広